ストレスからくる髪の毛のダメージ、甘く考えてませんか?内面から良くするヘアケア方法

鬱

ストレスとは非常に厄介なもので、溜まってくる必ず体のどこかに形となって現れてきます。

それは髪の毛も例外ではありません。

見た目にも非常に関わってくる髪の毛にストレスがかかるとどうなるのでしょうか?

今回は髪の毛とストレスの関係性についてご紹介していきます。

薄毛は本当にストレスのせい?

長く続くストレスや強いストレスは筋肉や血管を収縮させ、自律神経やホルモンのバランスを崩してしまいます。

その結果、頭皮にまで影響がおよび、頭皮の血行が悪くなることで成長を阻害し抜け毛が多くなったり白髪が増えてしまいます。

白髪だけではなく、必要以上に髪の毛が抜けてしまうのもストレスが少なからず関わっている為、昔から言い伝えられてきた「ストレスがたまると薄毛になりやすい」は嘘ではなかったということですね。

他にも体内でストレスを受けやすい箇所は内臓です。

ストレスを溜め込みすぎると新陳代謝もスムーズには行われず、抵抗力も衰えるため皮膚にも悪影響を及ぼします。

適度なストレス発散が髪の毛にも、内臓にも大切になってきます。

 

外的ストレスと内的ストレス

円形脱毛症

皆さんは円形脱毛症という、髪の毛の病気はご存知かと思います。

昔から円形脱毛症になる人はストレスのため過ぎが原因と聞かされている方も多いでしょう。

不眠や食欲不振、体調不良や栄養不足が重なり、つねにイライラしてくると血行不良を起こします。

長期にわたってこのような非常に強い内的ストレスを感じてしまうと円形脱毛症になると言われています。

内的ストレス以外に、大気汚染や化学物質などの外的ストレスが加わるとさらに髪の毛はダメージを受けていくのです。

全身疲労や集中力の低下、イライラなどを引き起こして活性酸素を増やしてしまうと、老化も早まっていきます。

 

ストレスのため過ぎにご注意を

睡眠不足や過労、偏った食事による栄養不足など、内的ストレスに関しては緩和出来そうです。

ストレスの原因から少し離れてみたり、思いっきりストレスを発散する場所へ赴く、少し遠い所へ旅行したり、その日だけは思いっきり美味しい物を食べたり行動したりすることで少しはストレスが緩和されるはずです。

是非皆さんも自分の髪の毛や体調の為にも、こまめにストレス発散をして出来るだけストレスが溜まってしまう状況から離脱しておきましょう。

ストレスを解消して血流を常によくし、体にいい生活を送れるように心がけてみてくださいね!