ストレス社会と向き合うために…心の健康を守るストレス解消法を教えます!

悩みを感じないことが悩みです!

このようにとてもプラス思考の考えの方は、昨今のストレス社会である日本にはそうそういないと思います。

ストレス

多くの方は、毎日何かしらのストレスと戦っていますよね。

過度のストレスは、やる気の向上につながるのでむしろ受けた方が良いものです。

しかし、ここで解消法なくストレスを溜め続けることは心の健康を阻害します。

 

そこで今回は、心の健康を守るべく上手なストレスとの付き合い方についてみていきましょう。

ストレスを解消するには?

ストレスを発散する方法と聞いて、まず思いつくのは「体を動かすこと」ではないでしょうか?

実はこの行動は、理にかなっています。

私たちが体を動かすと、脳内ではセロトニンというものが分泌されます。

このセロトニンが持つ効果には、

  • イライラや不安の解消
  • 興奮の抑制
  • リラックス効果

などが挙げられます。

このような効果を持つセロトニンが、運動によって脳内に分泌されストレスが緩和されるとなると、運動は効果的と言えますね!

また、体を動かすことは心だけではなく体の健康にも良いのでオススメですよ!

 

次に思いつくのは「大声で叫ぶ」ではないでしょうか?

実はこの行動は大声で叫ぶ行動ではなく、たくさん酸素を取り込む行動がストレス解消になっています。

しかし、カラオケやオペラなどが自分の趣味である場合は、趣味に飲めるこむ自由な時間がストレスを解消させている場合もあります。

ストレスでふさぎこんだり、気分がのらなかったり…このような時は大体、呼吸が浅くなっています。

そこへ大声を出す前のあの大きな呼吸が脳を活性化させるのです。

あまりお金もかからずオススメですが、もちろん時間や周りの目は考えましょうね!

 

最後は、先ほども少し触れた趣味への没頭に近いもので、「読書」です。

とある海外の研究チームによると、1日6分読書をするとストレスの数値が3割カットされたそうです。

 

読書をすると言う行為は、

  • 朗読する
  • 考える
  • 想像する

など、脳を活性化させます。

一見、脳へ負担をかけているのでは?と思われがちですが、このような行動は逆に体をリラックスさせる効果があるそうです。

また、アルツハイマー予防や記憶力の向上にも役に立つので、毎日習慣づけておけばストレスと上手く向き合っていけそうです。

 

いかがでしたか?

もちろんストレスを感じる原因そのものを断っても良いでしょう。

しかし、それが社会での人間関係である場合どうしても断てない場合があります。

いろいろな場合を想定して、まずは自分の中でストレスが一番発散できる方法を確立させておくことが一番重要となりますよ!

これといって決まった方法が無かった方は、今回紹介した方法を一つずつ試してみて毎日心を健康に保ちましょう!