私たちを健康にする意外と知られていないカルシウムの効果とは?

突然ですが、質問です。

皆さんは、カルシウムと聞くとどのような効果を思い浮かべますか?

骨を作ったり丈夫にしたりする効果でしょうか?それとも歯の健康でしょうか?

カルシウム

実は、このカルシウム…骨や歯だけに効果があるわけではなく、他にも私たちにとって嬉しい効果があります!

今回は、そんなカルシウムの効果を骨や歯への効果も含めて、ご紹介していきます!

それでは、おさらいしていきましょう!

骨を強くする

これは皆さんのイメージ通りの効果だと思います。

小さい頃から牛乳を飲みなさい!と言われて育った人のほとんどは骨が丈夫になるという理由だったはずです。

カルシウムといえば骨を強くするというイメージですが、何故骨を強くしなくてはいけないのでしょうか?

それは、骨粗しょう症を防ぐためです。

骨粗鬆症は「骨密度」が無くなり、さまざまなメディアでも紹介されているように骨がスカスカの状態の事を言います。

そうなる原因は、カルシウムを摂取不足が挙げられます。

そして、もう一つあまり知られていない理由があります。

それは、貧血状態が引き起こす骨を溶かしてしまう現象です。

貧血によって血液が不足すると、カルシウムを溶かして、血液を補充します。

つまり、貧血状態が長く続くと骨密度が下がり骨粗しょう症になってしまいます。

そうならないためにも、日頃からカルシウムを摂取しておきたいのです。

 

血行促進

カルシウムには、骨や歯を強くするだけではなく、血行促進効果もあります。

カルシウムを溶かして血液にすると言うのは前述で紹介しましたよね?

実は、この溶かす状態が長く続いてしまうと血管が固まり、「動脈硬化」に陥る危険性があるのです。

慢性的に同じ状態が続くことでカルシウムが血管内に入り込んでしまい、骨を丈夫にするように血管も固めてしまうのです。

すると動脈硬化に発展し、同時に高血圧の症状に陥る危険性があります。

 

しかし、日頃から摂取していればこのような心配はいりませんので、やはり欠かせないものという事が分かりますね。

 

リラックス

最後はリラックス効果です。

よく怒りっぽい人に対して「カルシウムが足りないんじゃないですか!」という言葉を聞きますよね?

それは、カルシウムに怒りやストレスを緩和する効果があり、昂っている神経を落ち着かせる効果があるからです。

そこへ「マグネシウム」を一緒に摂取すると神経がより落ち着きを取り戻すことができるのでオススメですよ!

 

以上がカルシウムです。

 

最後になりますが、目安の摂取量は、

男性の場合

18~29歳で900mg

30~49歳は650mg

 

女性の場合

18~29歳で700mg

30~49歳で600mg

ですが、女性には妊娠や出産があるので、該当する方はもっと摂る必要がありそうです。

そんな時はお医者様に自分の体に必要なカルシウムの量を相談してみましょう。

面倒だとは思いますが、このように良い効果ばかりがありますので、手軽に摂取できる牛乳などで朝から毎日1杯だけでも飲んでみてはいかがでしょうか?


PAGE TOP