便秘から引き起こされる危険な病気!お通じが良くない人は危険!?

便秘の種類を知ろう!

女性の悩みの一つに便秘が多く取り上げられます。

大腸に老廃物、排出物が溜まってしまい体に不調を訴える事を便秘といいますが、排泄物が大腸に溜まって排泄する時間は個人によって様々です。

三日以上排便がない状態・毎日排便があっても残便感がある状態が便秘のサインだと日本内科学会も発表をしておりました。

便秘に悩む女性

まずは便秘の種類をご紹介します。

種類によって対処法も変わってきますので、便秘気味になった場合はどの種類なのかを当てはめて見てから行ってみてください。

痙攣性便秘

この便秘の原因は主にストレスだといわれています。

自律神経の乱れが大腸を正常に動かしにくくなり、正常に便を出すための運動が出来ず、痙攣した状態になってしまうのです。

便秘と下痢を交互に繰り返す他にも、ひどい腹痛も引き起こされます。

弛緩性便秘

この便秘の原因は主に内蔵の垂れ下がり・無理なダイエット・水分不足・大腸周りの筋力の低下が挙げられます。

ダイエット関係で体に無理をさせてる女性が多いため、弛緩性の便秘は日本人で最も多いです。

皆さんが想像している便秘とはこれの事を指します。

器質性便秘

この便秘は、原因となっている病気によって異なります。

腸や胃・校門などの疾患によって引き起こされる便秘です。長期化すると命に関わる大変な便秘です。

便秘の他にも、嘔吐や血便・激しい腹痛なども人によっては発生するでしょう。

もしこのような症状が出てしまった場合、早めに病院へ行くことをお勧めします。

便秘をそのままにしておくとどうなるか

精神的にも肉体的にも辛い便秘。焦りも加わって、なかなか上手く改善出来ませんよね。さらに器質性便秘のような病気によっての便秘ではないとなるともどかしさも出てきます。

便秘体質を直さずそのままにしておくとどうなってしまうのでしょうか?

大腸の悪玉菌

便秘の状態は大腸に老廃物、排出物が溜まってしまった状態です。便がずっと溜まった状態が続くと悪玉菌が増えすぎてしまい、その後発がん物質・活性酸素などの有害な物質が大量に発生してしまいます。

発生するだけでは無く、有害物質は体に吸収され、血液に含まれ全身を巡り続け、何らかの問題を引き起こす可能性があるのです。

厚生労働省調べによると大腸癌は女性の死因一位です。便秘が原因で大腸癌になってしまう方も多く居ます。

 

そのうち出るだろうと軽く思っていると、いつまでたっても便秘体質が治らなくなり、いずれは癌も引き起こしてしまうかもしれません。

自分の身を思って早めの対処をお勧めします。


PAGE TOP