脳疾患によるめまいに注意しましょう。そのめまいただのめまいと思っていたら痛い目をみるかもしれません!

朝、洗面所でシャンプーをしたり、顔を洗ったりするときに突然めまいが…

会社や学校の朝礼中突然、めまいが…

このような症状に悩まされている方はいるでしょうか?

めまい

当てはまるという方、人ゴミの中を歩いていると気持ち悪くなったり、寝るときに目を瞑ると、天井がまわったりしませんか?

いろいろな場面で起こるめまいですが、普段からこのように起こると、次はいつ起こるのだろうとハラハラしますよね。

 

原因はいろいろありますが、その中には脳疾患が原因のものもあるので、確認の意味も込めてご紹介していきます。

めまいの症状は?

  • ふらつき
  • 体が浮いているような感覚
  • 突然クラクラと立てないような感覚
  • 自分や周りが回っているような感覚

主に、このような症状です。

めまいに伴って起こる症状もチェックしておきましょう。

  • 目の前が真っ暗になる
  • 耳が詰まっている感じ
  • 耳鳴り
  • 吐き気
  • 頭が重い
  • 手足の痺れ など

以上、どのくらい当てはまったでしょうか?

次に原因を見てみましょう。

めまいの種類と原因は?

めまいの種類は大きく分けると、起立性,血圧性,突発性の3タイプに分かれます。

そして、その原因をさらに詳しく見ると、

脳疾患やメニエール病や血圧、そして頚椎のズレ、肩こりなどがあげられます。

実はいずれの場合も、めまいを起こしているのは血流の問題です。

脳疾患の場合

脳梗塞はコレステロールなどにより血管内に血栓ができ、血管が細くなります。

つまり、ゴミが詰まったホースの中に水を流すと、水がちょろちょろしか出てこないように、血流が阻害され脳に酸素が運ばれなくなる為、ふらつきなどが出るのです。

その他の場合

脳疾患以外の場合のめまいは、首の横及び後方から後頭下を通って脳に向かっている血管が何らかの原因で圧迫されることによって起こります。頸椎のズレにより血管を捻じらせてしまったり、肩こりによって硬くなった筋肉が血管を圧迫することが原因です。

これらも脳疾患同様、血流が阻害され脳に酸素が運ばれなくなります。

血圧性のものには、起立性低血圧があり、急に体勢を起こした時などに、血圧が一時的に低下することが原因です。

気になる脳疾患を見分ける方法は?

脳疾患を見分けるには、次の事をしてみましょう。

  1. 椅子に腰かけ、両手を脇から左右に広げます。
  2. 目を閉じ、天井を見るように首を後ろに反らします。
  3. ゆっくりと左に首を向け、10秒停止します。逆も同じようにします。

この検査では、首を反らすことで血管が狭められ、首を廻すことでさらに血管を狭めます。血栓などで狭くなっている血管に、さらにストレスを加える動きをすることで調べることができるのです。

 

もちろんこのテストでめまいの症状が出た方は、今すぐ病院へ急ぎましょう。

めまいは、今や誰にでもある症状と言えます。

タダのめまいだと思っていたら痛い目を見るかもしれませんよ!

他人事だと思わずに、早めに出来ることをしましょう。