納豆効果で体を綺麗に!更年期のお助け役の食材!

納豆の元である大豆には、良質なたんぱく質が豊富に含まれています。

納豆100gで牛肉80g、卵2個半ものたんぱく質が摂取出来ます。そして吸収率も高くコレステロールも0。コレステロール値の高い人でも気にせず食べられる大人気な健康食品です。

そして最近では美容にも良いと、女性の中でも人気の食材になってきました。更年期を迎えた女性にも驚くほどのパワーを秘めた納豆を今回はご紹介していきます。

納豆

納豆キナーゼで血液をサラサラに!

皆さんは血栓をご存知でしょうか?

高血圧や動脈硬化が原因で血管が傷ついてしまうと、血液が血管の外に流れ出ていかないようにする為に血小板が集まり、小さな固まりを作り出して傷を補修しようとします。これが血栓です。

動脈硬化で狭くなった心臓や脳の血管に血栓が詰まってしまうと、心筋梗塞や脳梗塞等、命に関わる大きな病気にも発展してしまいます。しかしその状態をどうにかしようと働く成分が納豆に豊富含まれている血栓溶解酵素のひとつ、ウロキナーゼです。

納豆には発酵によって生成された納豆キナーゼ酵素が豊富に含まれており、血栓を溶かす働きをしてくれます。それと同時に、ウロキナーゼを活性化する働きもしてくれるので、血管がよりサラサラへと進化していきます。

骨粗しょう症も防いでくれる納豆!

更年期を迎えると破骨細胞の働きを抑える女性ホルモンの分泌が減ってきます。女性は男性よりも骨量が少なく、出産や授乳でカルシウムを大量に失うため、なおさら骨粗しょう症になりやすい体質。

破骨細胞が活発になると、骨芽細胞の骨を作る作業が間に合わなくなるなり、カルシウムをとってもあまり意味がありません。骨粗しょう症予防の為にサプリメント等でカルシウムをとってもなかなか骨量は増えないわけです。

しかし大豆に含まれるイソフラボンなら、女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きをする物質なので、破骨細胞の働きを抑制する働きをしてくれます。

イソフラボンの他にも、骨芽細胞の働きを活発にしてくれるビタミンKが多く含まれるため、骨が溶ける事を抑え、骨の生成効果で骨粗しょう症予防に大いに期待できる食品なのです。

大豆をそのまま食べるよりも納豆のように発酵しているほうが吸収率もよく、少なくなってきたエストロゲンを補ってくれます。

 

いかがでしたか?

更年期にまだ差し掛かってない人も、今から大豆や納豆を摂取することで骨粗しょう症や動脈硬化を抑えられます。

毎朝食べる習慣を身につけるなど、早めの対策をお勧めします。

 


PAGE TOP