ブルーベリーが持つアントシアニンで眼の健康を守ろう!

「眼」は私たちが生きて行く上で、重要な箇所の一つと言えますよね?

自分に危険が迫った時に予測をすることや人とのコミュニケーションや、食事の際の食欲にも影響してきます。

考えただけでも、とても重要な箇所であることが再確認できましたね。

しかし、「眼」は意外と脆いもので一度でも眼病に掛かると視力低下や失明の危機に陥る事もあります。

なので、私たちは眼をもっと大切に、そして健康を常日頃から考えなければいけませんよね?

女性の眼

ところで皆さん、眼の健康と言えば何を思い浮かべるでしょうか?

おそらく、よくテレビなどでも見聞きする「ブルーベリー」ではないでしょうか?

このブルーベリーには眼への嬉しい効果が期待できる「アントシアニン」が含まれています。

アントシアニンというものは、皆さんもよく聞くポリフェノールの一種で私達の体内に入ると、眼に多大な効果をあげます。

 

具体的にどのような効果があるのか見ていきましょう。

アントシアニンのパワーとは?

緑内障や白内障の防止

緑内障は視神経が何かの拍子に傷ついてしまい視力が無くなり、視覚も同様に狭まっていく病気です。

視神経に傷が生じる原因として考えられているのが「酸化ストレス」です。

しかしアントシアニンは、強い抗酸化作用で酸化ストレスを分解してくれるのです!

常駐すれば、もし酸化ストレスが発生しても防いでくれますので摂取しておきたいですね!

 

続いて、白内障です。

緑内障と並んで多い病気が「白内障」です。

白内障は眼の中にある「水晶体」が白く濁ってしまい発生する病気です。

もし進行すると水晶体の濁りが大きくなり、物がぼやけて見えたり,かすんで見えたりと言った症状に発展していきます。

 

白内障の原因「タンパク質」の変化にもアントシアニンは大きな効果をあげてくれます。

水晶体は紫外線等で一番ダメージを受けやすい部分ですので当然のように活性酸素が発生します。

ですがアントシアニンには抗酸化作用がありますので、酸化を食い止め健康的なタンパク質を水晶体に提供できるのです。

 

よって緑内障だけでなく白内障も一緒に防いでくれるのです。

視力の向上

もしかすると、皆さんはこの効果を最初に思いついたのではないでしょうか?

視覚の向上は、アントシアニンが持つ最大の特徴とも言えます。

前述で説明しましたが、アントシアニンには強力な抗酸化作用だけでなく、「ロドプシン」と呼ばれるタンパク質の合成をサポートする効果も期待できます。

 

私たちの眼は、眼に入った情報を脳に伝達してようやく眼に映し出せます。

この時、脳へ情報を伝達するのが眼の網膜にあるロドプシンなのです。

ロドプシンは光を受ける事で一度分解され、また新しい光が入ってきてもいいように再合成して準備をしています。

しかし、眼を酷使するとロドプシンの働く量が増え、間に合わなくなります。この状態こそが、私たちが日々悩む「視界のかすみ」なのです。

 

つまり、アントシアニンはロドプシンの再合成をサポートして眼をいつでも大丈夫な状態にする栄養素なのです。

 

いかがでしたでしょうか?

アントシアニンには眼の病気の予防だけではなく、視覚の向上を期待させる効果もあります。この機会にアントシアニンを多く含むブルーベリーを手軽に摂取して眼の健康を考えてみてはいかがでしょうか?