骨を強化するためにはカルシウムだけではダメだった!?ビタミンCと骨の健康の関係とは?

2017年9月9日

皆さんは「ビタミンC」と聞いて何を思い浮かべるでしょうか?

食べ物で言うとレモン。効果でいうと、美容でしょうか。

レモン

確かにビタミンCが持つ抗酸化作用には、「チロシナーゼ」と呼ばれるシミを作り出す酵素を抑制し免疫力を高める力があるので、美容効果は皆さんもご存知の通りあります。

しかし、ビタミンCには皆さんが知らない効果もあります。

それが、今回ご紹介する「骨を丈夫にする効果」です。

ビタミンCと骨の元となるカルシウムとの関係について紹介していきます。

ビタミンCに驚きの効果?

骨を丈夫に…と聞くと、カルシウムを思い浮かべますよね?

しかし、そもそも骨はカルシウムだけで作られているわけではありません。

骨はコラーゲン同士が固まった塊の上に、多くのカルシウムが固まる事で骨になります。

つまり、丈夫で健康な骨を作るには骨の基礎となる「コラーゲン」が重要なのです!

 

もしビタミンCが不足すると、例えどれだけカルシウムを摂取しても骨の基礎が構築されないので、丈夫な骨が形成できない、またはコラーゲン不足で柔軟性を失い骨折しやすい骨になるのです。

ビタミンCにはコラーゲンを効率よく合成し、骨の基礎を作る重要な成分になります。

この作用のおかげで、肌の潤いなども期待が出来ると言われているのです。

しっかりとした骨を形成するためには、カルシウムと一緒にビタミンCを摂取する必要がありそうですね。

ビタミンCを効率よく摂るには?

私たちが1日に必要なビタミンCの摂取量は100mgです。

とは言え、ビタミンCは水溶性のビタミンですので100%活かしきれずに多くは排出されてしまいます。そのため少しばかり余分に摂取しても過剰摂取には繋がりません。

しかし、どうせ摂取するならバランスよくしっかりと且つ、手軽に摂取したいですよね。

ここでビタミンCを摂取するにあたってオススメの食材を紹介していきましょう。

果物でオススメなのが、レモン,アセロラ,パイナップル,いちご,みかんなどですが、特にアセロラレモンはビタミンCの量が果物という分類を気にせずとも群を抜いて豊富なのでオススメです。

また、野菜ではキャベツ,じゃがいも,赤ピーマン,ゴーヤ,ちんげんさいなどに多く含まれています。野菜では、ゴーヤがオススメです。

好き嫌いあると思いますが、ゴーヤは加熱によってビタミンが消えないところが良いところですね。

ビタミンCは身近な食材に多く含まれていますので積極的に摂取しましょう!

 

最後になりますが、ビタミンCは骨の基礎を作るコラーゲンの合成以外にも私達に多くの効果を発揮します。

冒頭でご紹介した美肌効果だけでなく、

白内障予防

貧血予防

ストレス緩和

と言った効果が期待できます!

そして免疫力を高めますので風邪やウイルス等から皆さんの体を守る効果まであります。

 

ビタミンC自体は、摂取して体に悪影響を及ぼす栄養素ではありませんが、その食材に含まれる他の成分は過剰摂取により悪影響を及ぼすものがあるかもしれないので、十分に調べてから摂取してくださいね!

また牛乳とレモンなどのように分離してしまう食べ合わせもあるので気を付けながら、摂取してみてくださいね!