適当な知識でマッサージしていませんか?そのマッサージ、痛みを悪化させている原因かもしれませんよ!

2017年9月9日

私たちは、日常生活で無意識のうちにクセがついています。

それは足を伸ばしたり、組んだり、腰を叩いたりといろいろな行動があります。

足腰の痛みは、力仕事に従事している人だけが感じるものではありません。

むしろ、デスクワークで同じ姿勢を続けている人のほうが体に負担がかかっているものなのです。

腰痛

 

腰痛の原因とは

腰痛の原因は、職種や年齢によってさまざまです。

もちろん加齢に伴い、足腰の痛みを訴える人は増えていきます。

しかし、原因がはっきりと診断される足腰の痛みは全体の数割しかありません。

そして、残りは原因不明なのです。

その痛みが疲労の蓄積などからくる一時的なものであればよいのですが、じりじりと続くようであれば 注意が必要です。

足腰の痛みが続くと、歩行障害を引き起こすことがあります。

もしかすると血管の病気から足腰の痛みが発生しているという可能性もあるのです。

むやみにマッサージをしてはいけません

年を取ると、若いころに比べ、圧倒的に筋肉が衰えるので足腰の痛みが出てくるのは当たり前のことです。

運動不足だとさらにそのスピードは増してしまいます。

筋肉が衰えると、姿勢まで悪くなります。その状態ではどうしても腰痛を引き起こしてしまうのです。

痛みがあるために運動もできない、故になおさら悪くなる。

このような悪循環から抜け出すためには、徐々に自分の筋肉の可動域を広げる必要があります。

お風呂上がりで筋肉が柔らかくなったところを柔軟で伸ばしたり、常に良い姿勢を保つように意識したりといったことをするだけで、腰痛や足の痛みが改善されることもあります。

 

しかし、やはりその腰痛の原因を調べることも重要です。

足腰は人が生きていく中でとても大きな役割を担っています。

今まで出来ていたことが出来なくなるなんて、元気なうちは考えられませんよね。

だからこそ、初期のうちに解決することが大切なのです。

足腰の痛みの場合は、整形外科の受診をお勧めします。

治療の必要ないようなただの疲労からの痛みだとわかれば一安心。

もしも何かが影響しての痛みであれば、治療をして早めに治すことが出来ます。

足腰の痛みで受診したとき、問診で「どれくらい歩いたら痛むか、どのような姿勢の時にやわらぐか」といったこと を確認されることが多いそうです。

突然聞かれると答えられない場合もありますので、普段から、足腰の痛みに敏感になり、どのタイミングで痛みを感じるかをメモしておいてもよいかもしれません。

まずは足腰の痛みに原因があるかどうかを知り、そしてそれに合った対処法を見つけていきましょう。